home_iconseprator役立つ記事sepratorダイエットsepratorパワープレートは腹部脂肪に効果的って本当?

パワープレートは腹部脂肪に効果的って本当?

年齢を重ねるごとに、つきやすく落としにくなってくるお腹の脂肪。
なかなか減らない腹部脂肪を効率よく刺激できたら、、、
なんて考えることはありませんか?

食事を制限することで、脂肪は落とすことはできますが
やはり筋肉をつけて運動を行わないと、引き締まった身体にはなれません。

体重は減ったけど、お腹周りの皮膚が伸び切ってしまっているようだと
鏡を見た時、うーん、、、、と感じますよね。

さらに、痩せやすい・太りにくい身体を手に入れるためにも運動は欠かせません。

本日は、身体の脂肪・お腹周りの脂肪を効率よく燃焼でき、
全身の筋肉へ刺激を加えることのできる
パワープレートの効果・エクササイズをお伝えしていきます(^^)

パワープレートの魅力についての記事も更新しておりますので、こちらから御覧ください。

パワープレートの刺激

何度もお伝えしておりますが、パワープレートによる3次元ハーモニック振動のプレートに乗るだけで、筋肉だけでなく神経系・循環器系・固有受容器などに刺激を与えることができます。

1秒間に25〜50回の高速振動で、あらゆる方向から振動を身体に加えるため、
バランスを取ろうとする反射反応を利用して、無意識に全身の筋肉への刺激が行われます。

振動を身体に加えることによって、各器官に刺激をあたえるのはもちろん
振動の上でエクササイズすることで、通常よりも倍以上の筋肉の活動が行われるため、とても効率よく脂肪燃焼できます。

特に、腹部には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の両方の脂肪が蓄積されやすいため
パワープレートの上で、体幹部・腹部のトレーニングを行うことで
内臓脂肪と皮下脂肪に刺激を与え、脂肪燃焼効果を得ることができます。

ただ、【乗るだけ】では、見た目による身体の変化は少ないです。
パワープレートの振動は、乗るだけでも、全身の筋肉・各器官に刺激が入るので、健康増進には役立ちますが、脂肪燃焼・筋肉量増加・ぽっこりお腹の解消には、パワープレートの上でエクササイズトレーニングを行う必要があります。

腹部脂肪の減少

2010年に発表された研究で、パワープレートの全身振動は腹部脂肪の減少に効果的という結果を得ました。

ベルギーのアントワープ大学でパワープレートの効果について
Vissersら2009年に行った研究では79名の肥満成人を無作為に4群に振り分け、経過観察しました。
 
・グループ1  低カロリー食のみのプログラムとした食事群

・グループ2  低カロリー食と運動(カーディオエクササイズとウェイトトレーニング)のプログラムとした運動群

・グループ3  低カロリー食と段階的パワープレートマシンのプログラムを行うパワープレート群

・グループ4  ライフスタイルを全く変えなかった対照群

これらのプログラムを6ヶ月間行い、その後介入なしのフォローアップを6カ月間の観察を行いました。
その中で3カ月、6カ月、12か月時点で身体測定データ、身体組成、代謝特性を測定し内臓脂肪量について比較しました。

・グループ1~3では全てにおいて体重が5~10%と優位に減少する

・パワープレート群は運動群及び食事群と比べて、6ヶ月後に内臓脂肪が2倍減少する

・12か月後もパワープレート群において、内臓脂肪の減少は同レベルで持続
 食事群と運動群は12カ月でベースライン値に戻る

ということが判りました。

論文からパワープレートの効果を考察

この研究結果から私が注目した点は
・パワープレート群は運動群及び食事群と比べて、6ヶ月後に内臓脂肪が2倍減少する

そもそも、この研究は肥満者が対象なので、内臓脂肪が蓄積されている状態での燃焼に対する効果であるため、今現在とても健康的で筋肉量・脂肪量が通常の場合でも同じ効果が得られるかの研究結果はまだ発表されておらず、万人に当てはまるという結果ではありません。

内臓脂肪が蓄積している人(お腹周りの脂肪)の脂肪燃焼には
低カロリー食の栄養バランスがいい食事を意識するのは、とても大事なことです。
食事のバランスを考えず、高カロリー高脂質のものを摂取していると
体内に糖や脂肪が多く含まれていて、蓄積されている脂肪は燃焼されません。
かといって、食事を制限してしまうことは、栄養不足に陥ったり、免疫力低下に繋がる可能性があります。

そのため、脂肪燃焼には、栄養バランスがいい食事が欠かせません。

しかし、その上で
・低カロリー食と運動(カーディオエクササイズとウェイトトレーニング)のプログラムとした運動群
・低カロリー食と段階的パワープレートマシンのプログラムを行うパワープレート群
を比較した場合の結果

パワープレート群は6ヶ月後の内蔵脂肪の減少が運動群より2倍減少した

ということから
通常のエクササイズよりも、パワープレートの上でエクササイズを行うことは
内臓脂肪を燃焼させるために効果的であることが証明されました。

つまり、規則正しい3方向からの振動(3次元ハーモニック振動)の上でエクササイズすることは内臓脂肪燃焼に効果的、つまりお腹周りの脂肪燃焼に効果的です。

本記事で紹介した研究は内臓脂肪に注目している研究ですが
パワープレートのエクササイズすることで、筋肉活動量が増えるため、代謝が上がり
皮下脂肪の燃焼も促します。

さらに、循環器系も刺激され、結構循環・むくみ改善にも繋がったり、神経系の刺激・ホルモン分泌への刺激で骨密度が増加するなど、健康増進に役立つ多くの研究結果が発表され、
医療機関リハビリ、アスリートやNASAでも取り入れられているのがパワープレートなのです。

お腹の脂肪、撃退エクササイズ

パワープレートの上でのお腹の脂肪に効く、エクササイズをご紹介します。

BROSTOKYO

腹部の上部を刺激するトレーニング
ハンドルに足をかけ、お腹を丸めた状態を30秒キープします。
両手は前にならえの状態で、顎は少し引きます。

肩に力が入ってしまうと、お腹への刺激が弱くなるので、肩は下げるイメージで
息を吐きながらお腹にかかる振動を感じましょう。

BROSTOKYO

くびれラインを刺激するトレーニング
プレートに座り、足を上げた状態で、45秒身体を左右にひねります。
この時、身体の軸は真っすぐで、ブレないように左右にひねることがポイントです!

キツい場合は、足は床についた状態(かかとだけ接地)でもOKです。

BROSTOKYO

インナーマッスルを鍛えるトレーニング
左手・右足と対角に挙げて、身体のバランスを30秒とりましょう。
フラフラしても、耐えることで、たくさんの筋肉が刺激されています!

最初は足だけ・手だけの挙上でもOKです。慣れてきたら、対角で頑張りましょう。

まとめ

パワープレートは腹部の脂肪燃焼に効果的です。
詳しくいえば、内臓脂肪を効果的に燃焼するので、内臓脂肪が蓄積しやすいお腹周りの脂肪を落とすことができます。

さらに、全身の筋肉を刺激し、筋肉活動量が増えることから代謝が上がり
その効果(内臓脂肪減少効果)を維持する能力も高まっています。

普通に腹筋トレーニング45分行うのは中々ハードでしんどいですが
パワープレートの上で15分の腹筋トレーニングはなんだか頑張れそうですよね!

トレーニング時間が短くなったのに、内臓脂肪燃焼効果が半年で2倍になり
さらにリバウンドしにくく、体型を維持しやすい身体を手に入れられるパワープレートは
ダイエットはもちろん、健康維持におすすめです。

BROSTOKYOでは、パワープレートをメインにトレーニング指導も行っているので
ご興味があれば、一度体験してみてください。
パワープレートの振動の質をぜひ実感してみてください(^^)

bottom-right人気のサラダ定額制をみる